/

回収カプセル、宇宙基地を出発 11日帰還へ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、小型回収カプセルを載せた無人補給機「こうのとり」7号機が同日午前1時50分ごろ、国際宇宙ステーションから地球へ向けて出発したと発表した。ステーションから物質を持ち帰るという日本初の実験に挑む。

こうのとりは軌道の調整を数回行った後、大気圏に再突入する際にカプセルを分離。カプセルは11日朝に太平洋の南鳥島近海に着水し、地球へと帰還する。

カプセルは直径約84センチ、高さ約66センチで、末広がりをした円筒形。内部の容量は最大で約30リットルになる。今回は無重力環境で結晶化させたタンパク質を入れている。

これまでこうのとりはステーションに物資を運ぶ役目を果たしてきたが、帰りは廃棄物を詰めて大気圏再突入により燃やすだけで、荷物を無傷で地上に取り戻す能力はなかった。

今回搭載した回収用のカプセルは、防護材により再突入時の高温から中身を守り、さらに真空構造の断熱容器を使えば低温を保つことも可能な設計にした。断熱容器はJAXAがタイガー魔法瓶(大阪府)と共同開発した。

日本は自前の実験棟「きぼう」で実験を行っているが、成果ともいえる試料については米ロの宇宙船が帰還する際に一緒に持ち帰ってもらっている。独自の回収手段が得られれば、必要なタイミングで持ち帰ることが可能になる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン