2018年11月20日(火)

うつ病治療薬、効果は服用翌日から 塩野義が治験開始

ヘルスケア
関西
2018/11/8 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塩野義製薬は米製薬会社から開発権を取得した抗うつ薬について、日本で臨床試験(治験)を始めた。効果は服用した翌日に表れるほか、2週間連続で服用すると1カ月近く続く。従来品は効果が出るまで2~4週間、毎日服用する必要があるうえ、やめると症状が悪化していた。塩野義は服用回数を減らせる医薬品の開発に取り組み、競争力を高める。

米セージ・セラピューティクスが開発した「SAGE―217」の治験を始めた。塩野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報