2018年11月20日(火)

サムスン、折り畳みスマホ用有機EL 「数カ月内に量産」

エレクトロニクス
朝鮮半島
北米
2018/11/8 6:03
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実、ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は7日、画面を折り畳むことができるスマートフォン(スマホ)向けの有機ELディスプレーを初めて公開した。折り畳み式のスマホは「フォルダブル」と呼ばれ、次世代スマホの本命と目されている。米国法人のジャスティン・デニソン上級副社長は「数カ月内に量産を始められる」と話し、2019年前半のスマホの発売をにおわせた。

米サンフランシスコで開いた開発者向け会議で、実用化仕様の「インフィニティ・フレックス・ディスプレー」を搭載したスマホの試作品を紹介した。開いた状態だとデニソン氏の片手ほどの大きさで画面サイズは7.3インチ。2つ折りにするとポケットに収まり、同4.58インチになる。「数十万回の折り畳みに耐えられる」(デニソン氏)という。

折り曲げられるディスプレーを搭載したスマホの試作品を公開した(7日、サンフランシスコ)

折り曲げられるディスプレーを搭載したスマホの試作品を公開した(7日、サンフランシスコ)

通話や持ち運びの際は画面を折り畳み、映画を見たりゲームを楽しんだりする際は画面を広げるといった使い方を提案する。画面を広げると「3つのアプリを同時に使うことができる」(サムスン)という。

サムスンのスマホ事業を率いる高東真(コ・ドンジン)社長は「フォルダブルは我々がモバイルの技術をどう再定義しようとしているかを示す好例だ」と訴えた。開発者会議には米グーグルの担当者も駆け付け、「フォルダブルスマホを(基本ソフトの)アンドロイドでサポートしていく」と表明した。

8日付の複数の韓国紙(早版)は「サムスンはフォルダブルを19年前半に発表する見通しだ」と報じた。スマホは世界出荷台数が17年に初めて前年を割り、市場の成熟化が叫ばれている。フォルダブルはスマホ市場の起爆剤になるとの見方もある。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報