運航中、妻らを操舵室に 無断でJR九州高速船社員

2018/11/7 23:17
保存
共有
印刷
その他

JR九州高速船は7日、福岡市の博多港から韓国の釜山に向かう高速船に私用で乗った社員が、運航中に同行の妻らを無断で操舵(そうだ)室に入れていたと明らかにした。遅延などの影響はなかったが、同社は「取引先や報道陣などに限り、目的や人数を確認した上で見学を許可している。社員指導を徹底する」としている。

JR九州高速船によると4日午前9時半ごろ、韓国旅行のため乗船した50代の男性整備士が、妻とその同級生ら計9人を招き入れ約5分間、見学させた。室内には船長ら乗組員4人がいた。

他の乗客が7日、同社へ「安全や保安上の問題があるのでは」と電話で疑問を呈したという。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]