2018年11月16日(金)

水道から寄生虫除去、諏訪圏官民がろ過装置 価格安く

環境エネ・素材
北関東・信越
2018/11/8 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NPO法人、諏訪圏ものづくり推進機構(長野県諏訪市)や諏訪地域の企業で構成するコンソーシアムは、水道水から塩素に強い寄生虫をろ過できる安価な装置を開発した。2019年4月を目標に販売を始める。独自の膜制御システムを採用し、従来機器の半額で製造できる。運用状況を遠隔監視するシステムとともに、自治体や簡易水道事業者に売り込む。

新開発の装置は1時間あたり2万リットルの水をろ過できる。浄水場の原水に含…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報