/

韓国首相、日本に「深い憂慮」 元徴用工判決巡り

【ソウル=恩地洋介】韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は7日、新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の判決を巡り「日本の指導者たちが過激な発言を続けていることに深い憂慮を表する」という声明を発表した。判決を「暴挙だ」などと評した河野太郎外相の発言などが念頭にあるとみられる。

李氏は判決を受けた韓国政府の対応に関しては「関連省庁と民間専門家の知恵を集め、対応策を準備しようと努力している」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン