2019年1月20日(日)

いすみ鉄道・古竹新社長が抱負「経営健全に」

サービス・食品
南関東・静岡
2018/11/7 20:35
保存
共有
印刷
その他

いすみ鉄道(千葉県大多喜町)は7日に臨時株主総会と取締役会を開き、新社長に古竹孝一氏(47)が就任した。任期は2年間。古竹氏は就任後の記者会見で「経営を健全な状態にして、地域に根ざした形で前に進める。チーム千葉、チームいすみという気持ちだ」と抱負を語った。

記者会見で抱負を語った古竹孝一・いすみ鉄道社長(7日、大多喜町)

古竹氏は高松市出身。現在は同市のタクシー会社、日新タクシーを含め、同社グループ全体の会長を務めている。会長職を続けながら、いすみ鉄道の社長を務める。

大学生時代を含めて約5年間、千葉県船橋市に住んでいたという。同社の現状については「ローカル線の経営状況は厳しい。人口が減少する中、どう収入を確保していくか。単なる移動手段と考えずに色々な発想を持たないと難しい」との見方を示した。「お金のかからないアイデアを訴えていきたい」とも述べた。

大多喜町の飯島勝美町長は「事業を立て直した経験がある」と、手腕に期待を寄せた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報