2019年7月24日(水)

ちふれHD、埼玉・川越市に新研究開発拠点

2018/11/7 20:36
保存
共有
印刷
その他

中堅化粧品メーカーのちふれホールディングス(埼玉県川越市)は2019年5月、化粧品やスキンケア商品の研究開発拠点を川越市内に新設する。本社工場(同市)の敷地内にある研究所から移し、研究開発体制を強化する。セミナーや講演会向けの会議室も設け、社内外との情報交換も活発にする。

新たな研究開発拠点「新・綜合(そうごう)研究所」(仮称)は本社工場から約10キロ離れた立地。西武新宿線の南大塚駅から徒歩約3分で、今年4月に稼働させた飯能市の新工場からもアクセスしやすい。建物は2階建てで、延べ床面積は約1500平方メートル。

化粧品などの処方開発室を現在より2~3倍広げる。商品の分析や評価に用いる設備も増やす予定だ。現在は30人の研究員が研究開発に従事しているが、人員や設備の増強で手狭になっていた。

新研究所は「オープンラボ」を掲げ、約40人が収容できる会議室を設けるなど、社内外の情報交換拠点としても活用する。敷地内に定員19人の企業内保育所も建設する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。