2018年11月21日(水)

七十七銀、認知症に備え 「家族信託」支援

金融機関
コラム(地域)
2018/11/7 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

七十七銀行が高齢者の資産管理ビジネスに力を入れている。親が認知症になった場合に備え、子供に不動産や預金の管理を任せる「家族信託」の手続きを支援する。子供が資産管理で使う専用口座の開設も認める。認知症高齢者の資産は有効活用されず「塩漬け」になることが多い。親から子へ資産が円滑に移行されることで不動産融資などの取引継続を期待する。

「父親の体力が急に衰えてきた。認知症になったら保有するアパートの管理…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報