いちごHD、地下水探査の範囲拡大 新システム開発

2018/11/7 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地下水探査事業などを手掛けるいちごホールディングス(仙台市)は既存の地下水探査システムを改良し、より広範囲を調べることができる新システムを開発した。短時間で効率的に地下水を調べることができるのが特徴。干ばつ対策や地滑り防止対策などで地下水のある場所を探索するニーズが特に海外で高まっているのに対応する。

地下水の場所は、地中に電極を差して電気を流し、流れやすい部分と流れにくい部分を解析して調べる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]