富山―羽田便 新機材強みに 井上かおり・全日空富山支店長
(トップに聞く)

2018/11/7 20:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月28日から始まった全日本空輸の冬季ダイヤで、富山空港と羽田空港を結ぶ4便全ての機材が小型機に変わった。これまで一部は中型機だったが、2015年の北陸新幹線の金沢開業に伴い需要を新幹線に奪われていたことが影響した。転機を迎えた羽田便の今後と富山空港の活性化策を、同社富山支店長の井上かおり氏に聞いた。

――羽田便の需要動向を教えてください。

「2018年4~9月の旅客数は約20万人で、前年比9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]