/

誘拐の子ども78人解放 カメルーン北西部

【カイロ=共同】ロイター通信は7日、カメルーン北西部バメンダ近郊のキリスト教系の学校で、武装した男らに誘拐された子ども78人全員が解放されたと報じた。校長と教員の計2人はまだ解放されていないという。

カメルーンでは国民の多くがフランス語を話すが、学校が位置する西部地域は英語を話す人が多く、英語圏の分離独立を求める一派の犯行だとの見方が出ていた。一方でロイターによると、分離派グループの代表は関与を否定しており、詳しい背後関係は不明。

ロイターによると、事件は5日に発生。インターネット上に男らが投稿したとされる映像が流れ、この中で男らは学校の閉鎖などを要求、目的が達成されれば子どもたちを解放すると主張していた。解放の理由や状況なども分かっていない。

英BBC放送によると、分離派は国の教育政策が英語話者を抑圧していると主張している。フランス語圏との経済格差の解消を求める動きも強いという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン