2018年11月15日(木)

ロシア「米政治さらに不安定に」 悪影響を警戒

トランプ政権
米中間選挙
ヨーロッパ
北米
2018/11/7 17:45
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】米中間選挙で与党・共和党が上院の過半数を維持し、下院で野党・民主党が多数派を奪回する見通しとなったことで、ロシアからは今後の米ロ関係への悪影響を警戒する声があがった。

ロシアのペスコフ大統領報道官は7日、米中間選挙について「米ロ関係の正常化に向けた明るい展望はない」と述べた。

同国のメドベージェフ首相は7日、中間選挙は「米国内の問題だ」と評価を控える一方、ロシアやイランに対する制裁や中国に対する関税引き上げは「全て国内の政治問題を解決するために行われている」と批判した。外遊先の北京でインタファクス通信などの取材に答えた。

ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は7日フェイスブックで、ねじれ議会となった選挙結果について「悪いニュースだ」と総括した。下院で2016年の米大統領選でのトランプ陣営とロシアの不透明な関係を巡るロシア疑惑の追及が強まる可能性を指摘。「(中間選挙の)敗者はさらに不安定で予測不可能になる米国の政治システムと、そこに依存する世界の一部だ」と懸念を示した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報