MSのタブレット、処理能力67%アップ(新製品・解剖)

2018/11/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本マイクロソフト(MS)の「サーフェスプロ6」は基本ソフト(OS)にウィンドウズ10ホームを搭載した上位モデルの12.3型タブレット端末。2013年発売の初代から数えて6代目になる。前モデルで外した世代を示す数字が復活した。本体サイズや重量、画面解像度は前モデルとほぼ同じ。

CPU(中央演算処理装置)に第8世代コアプロセッサーを搭載し、前モデルに比べ処理能力を約67%高めた。本体色は従来のプラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]