/

この記事は会員限定です

「生きた証し」誰に 大相続時代、さらに多様化

ポスト平成の未来学 死を考える

[有料会員限定]

人が亡くなれば相続が生じる。日本で1年間に相続されるお金は50兆円以上という推計もある。僕(34)の両親はまだ60歳代で幸い元気だ。だから遺産を受けることも、ましてや贈る未来もあまり想像できない。しかし価値観や家族のあり方が多様になり、相続のかたちも変わりつつあるという。相続は長い人生の決算。どんな変化があるのか、探ってみた。

「留学生を大事に」交流会館建設費用を寄付

東京工業大学の大岡山キャンパス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン