[FT]マクロン氏、燃え尽き状態で膨らむ内憂外患

FT
(1/2ページ)
2018/11/8 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エマニュエル・マクロン仏大統領は息切れしたのだろうか。大統領が先週、仕事を数日休んでノルマンディー地方で過ごすことにしたことで、燃え尽き症候群ではないかという話題が沸き起こった。エリゼ宮(大統領府)は、第1次世界大戦終結を記念する盛大な式典の主催を控え、マクロン氏が「努力を調整」しようとしていると説明したが、それでは懸念は和らがなかった。マクロン氏自身、記者団に向かって――明らかに11月1日と言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]