/

この記事は会員限定です

[FT]日本の労働者不足、移民政策を巡る論争に

[有料会員限定]
Financial Times

安倍晋三首相は入国管理法を改正して新たに2種類の在留資格を導入しようとしている。深刻な労働力不足に直面し、外国人労働者の雇用増に活路を見いだそうと懸命になっている日本企業の不満を和らげる狙いだ。

だが、この法改正案は日本にとって深い意味合いを持っており、日本が何十年もの間避けてきた議論に火をつけた。世界最速で高齢化が進むと同時に世界でも最も同質性が高い国の1つである日本が、人口と経済の安定のために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン