2019年3月19日(火)

3/19 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」[有料会員限定]
  2. 2位: リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ[有料会員限定]
  3. 3位: 「初」の敵対的TOB 光と影 (一目均衡)
  4. 4位: レオパレス、混迷深まる オーナー借り入れは2兆円規模[有料会員限定]
  5. 5位: 投信 縮まぬ日米格差 日本は「テーマ型」に偏重[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,156,953億円
  • 東証2部 76,751億円
  • ジャスダック 91,292億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.52倍14.12倍
株式益回り7.39%7.08%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,584.50 +133.65
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,410 +170

[PR]

スクランブル

フォローする

「米国第一」の株高にひずみ 金利高・トランプ政策の影
編集委員 藤田和明

2018/11/7 14:25 (2018/11/7 15:09更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

異例の注目を集めた米中間選挙。ここまで2年のトランプ政権は大型減税で景気拡大のアクセルを踏み、通商政策では強硬姿勢を貫いた。その結果、株式市場でも米国株の上昇ぶりが世界で抜きんでたが、この先も続くのか。米国民が野党・民主党に下院の過半数を与えたように、「米国ファースト」でつくった株高の揺らぎを示すサインも出始めている。

株高は自分のおかげ。トランプ米大統領のそんな訴えが強くにじんだ選挙戦でもあっ…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム