2018年12月13日(木)

米中間選挙、トランプ大統領が挑む与党敗北の歴史

トランプ政権
米中間選挙
北米
2018/11/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】米中間選挙の歴史を振り返ると、現職大統領が率いる与党が敗北するケースが圧倒的に多い。大統領選に比べて国民の関心が下がり、投票に行くのは現政権に不満がある有権者が多いためとされる。6日投票が始まった中間選挙では、上院は与党・共和党が過半数の議席を維持したものの下院は野党・民主党が奪還する見通しとなり、トランプ政権への批判票が集まった。

オバマ政権下の民主党は、2010年の下院…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報