2018年11月20日(火)

養鶏のトマル、欧米の「動物福祉」意識し飼育

サービス・食品
北関東・信越
2018/11/6 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

採卵用養鶏大手のトマルグループ(前橋市)は、養鶏場でニワトリを飼育するカゴ(ケージ)を大型化するなどニワトリがストレスを感じにくい環境を整える。「動物福祉(アニマルウェルフェア)」と呼ぶ考え方で、欧米ではこれに沿った飼育が大手流通・外食の調達基準となることが増えている。日本にも同様の動きが波及する可能性があるとみて対策を急ぐ。

グループの養鶏会社、茂木のたまご(栃木県茂木町)がこのほど完成させた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報