宮城県東松島市長「持続可能な未来都市に」
(東北のキーパーソン)

2018/11/6 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進するため、政府が環境に優しいまちを目指す自治体を認定する「SDGs未来都市」に今年6月、東日本大震災の被災地で唯一、宮城県東松島市が選ばれた。認定を受けた今後のまちづくりなどについて渥美巌市長に聞いた。

――震災から8年近くたちます。今の復興状況をどう見ていますか。

「施設整備についていえば復興状況は85%程度ではないか。まだ新たなスポーツ関連施設や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]