/

徳島の高速バス、乗客50分放置 指導に逆上で運転拒否

海部観光(徳島県美波町)の高速バスで、運転手が同乗した指導員の指示に逆上して運転を途中でやめ、乗客が兵庫県・淡路島のパーキングエリア(PA)で約50分間待たされていたことが6日、分かった。四国運輸局は10月24日付で、同社と運行を担っていた関連会社に文書警告の行政処分をした。

海部観光によると、50代の男性運転手が6月、徳島県阿南市から大阪空港に向かうバスを運転中、高速道路を低いギアで走行していたことを指導員が注意した。運転手はこれに逆上して勝手に淡路島の淡路島南PAでバスを止め、運転を拒否した。

運転手は同社に入社したばかりだったが、他のバス会社で運転歴があった。指導員は運転に必要な呼気検査などのチェックを受けていなかったため代行できず、乗客17人は約50分後、大阪空港行きの後続バスに乗り換えた。運転手はこのトラブルの2日後、退社したという。

同社は「今後このようなことがないよう再発防止に努める」とコメントした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン