/

「五輪までに拉致問題解決を」 桜田五輪相、北に注文

インタビューに答える桜田五輪相(6日、東京・永田町)=代表撮影

2020年東京五輪・パラリンピック大会の政府の総合調整役となる桜田義孝五輪相が6日、日本経済新聞などのインタビューに応じた。五輪への参加に前向きとされる北朝鮮について「一般論としては多くの参加が望ましい」としつつ、「五輪までに喜んで日本人が迎えられる国際環境、条件を整えていただきたい」と述べ、開催前の拉致問題の解決を求めた。

北朝鮮は3月、訪朝した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に東京大会への参加の意欲を示したとされる。桜田五輪相は10月の内閣改造で就任した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン