2018年11月19日(月)

11/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「ソニー村」から「五反田バレー」に[有料会員限定]
  2. 2位: 小粒になった日本企業 長寿でも新陳代謝鈍く[有料会員限定]
  3. 3位: 東証データに透ける外国人の東芝買い 自社株買い狙い撃ち[有料会員限定]
  4. 4位: アップル弱気相場入り、崩れる投資の成功方程式[有料会員限定]
  5. 5位: 半導体装置、業績踊り場 米中摩擦・投資遅延が重荷[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,135,739億円
  • 東証2部 86,693億円
  • ジャスダック 93,929億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.62倍13.70倍
株式益回り7.34%7.29%
配当利回り1.80% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

減益目立った証券決算 個人投資家「休むも相場」
編集委員 前田昌孝

2018/11/7 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年の株式相場を振り返ると、1月と10月には日経平均株価が1991年11月以来の高値を付け、日本経済の復活ぶりを示した。上場企業の自己資本利益率(ROE)は38年ぶりに10%に乗せた。しかし、個人投資家の動きは鈍かった。投資信託の販売も低迷し、野村ホールディングスが赤字になるなど証券会社の2018年4~9月期決算は苦戦を強いられた。今後は「米中間選挙後は株価が高くなりやすい」という経験則が再現す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム