石狩鍋、伝統にアレンジ加え進化
(築け食の王国)

2018/11/6 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

冬と言えばやっぱり鍋。北海道を代表する「石狩鍋」はサケや野菜を煮込み白味噌で味付けする。海産物と野菜のうまみが煮汁にたっぷり出て、芯から体を温めてくれる。最近ではアレンジメニューが登場したりレシピコンテストが開催されたりと、伝統を守りつつも進化している。

アイヌ料理の汁物「オハウ」がルーツとされる石狩鍋に入れる魚は、新鮮なサケが基本だ。あらや白子なども余さず鍋に入れる。サケがない場合はマスを使う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]