三越伊勢丹、広島など地方店の改装加速 閉店は一巡

2018/11/7 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三越伊勢丹ホールディングス(HD)が百貨店のデジタル投資や大幅改装にカジを切る。全国の店舗をIT(情報技術)でつなげ、都心でも地方でも同じ商品を提案できる体制作りを始めた。一方で不採算店舗の閉鎖は一巡したと判断。広島や松山に残る地方店では専門店の誘致などに着手する。若者の足が遠のく百貨店業界で、生き残りへ新たなモデルを模索している。

■変わらなければ食い合うだけ

「地域のニーズが何なのか徹底的に調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]