/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、広島など地方店の改装加速 閉店は一巡

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングス(HD)が百貨店のデジタル投資や大幅改装にカジを切る。全国の店舗をIT(情報技術)でつなげ、都心でも地方でも同じ商品を提案できる体制作りを始めた。一方で不採算店舗の閉鎖は一巡したと判断。広島や松山に残る地方店では専門店の誘致などに着手する。若者の足が遠のく百貨店業界で、生き残りへ新たなモデルを模索している。

変わらなければ食い合うだけ

「地域のニーズが何なのか徹底的に調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン