2018年11月17日(土)

だいこう証券ビジネス、AIで「見せ玉」検知

金融機関
2018/11/6 21:17
保存
共有
印刷
その他

だいこう証券ビジネスは人工知能(AI)を活用した株式の売買審査について、東京大学と特許出願した。売買を成約させるつもりがないのに大量の注文を出す「見せ玉」を効率的に検出できるという。新たなサービスとして将来的に証券会社への納入を目指す。

現在のAIを使った株式の売買審査では、東証などが定める数値基準で絞り込まれた案件について、AIが不正かどうかを判断する。

同社がAI活用のノウハウを持つ東大の松尾豊研究室と共同研究してきたAI技術は、市場の取引データそのものから不正を自動で検知する。このため「不正の疑いのある取引の検出漏れ」や「疑いのない取引の混入」を防ぎ、全体として審査の効率化につながるという。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報