/

だいこう証券ビジネス、AIで「見せ玉」検知

だいこう証券ビジネスは人工知能(AI)を活用した株式の売買審査について、東京大学と特許出願した。売買を成約させるつもりがないのに大量の注文を出す「見せ玉」を効率的に検出できるという。新たなサービスとして将来的に証券会社への納入を目指す。

現在のAIを使った株式の売買審査では、東証などが定める数値基準で絞り込まれた案件について、AIが不正かどうかを判断する。

同社がAI活用のノウハウを持つ東大の松尾豊研究室と共同研究してきたAI技術は、市場の取引データそのものから不正を自動で検知する。このため「不正の疑いのある取引の検出漏れ」や「疑いのない取引の混入」を防ぎ、全体として審査の効率化につながるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン