2018年11月14日(水)

英財政、イタリア化の兆し? 歳出拡大に、「ギャンブル」批判
離脱交渉「合意前提」に懸念

Brexit
ヨーロッパ
2018/11/6 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】大枠が固まった英国の2019年度予算案に財政の緩みを懸念する声が相次いでいる。メイ英首相は約10年の「緊縮路線からの脱却」を成果として訴えるが、欧州連合(EU)と離脱条件で折り合うことを前提にするなど見通しに甘さが見られる。財政面では世界の中でも優等生だった欧州で、イタリアだけでなくじわりと財政のタガの緩みが広がり始めている。

予算案は先週、英議会下院で重要決議案を可決し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報