/

「植物肉」でレトルト食品 森永製菓系

シーザサンが発売した植物性疑似肉「植物肉」を使用したレトルト食品

森永製菓のグループ会社、SEE THE SUN(シーザサン、神奈川県葉山町、金丸美樹社長)は植物性たんぱく質を使った「植物肉」のレトルト食品を発売した。キーマカレーなど4種類を展開する。動物性原料のダシや香料、食品添加物を一切使っていない。ビーガン(完全菜食主義者)のほか、健康や美容への意識が高い消費者を取り込む。

大豆と玄米を原料とした疑似肉「ゼンミート」のレトルト商品を販売する。食感は肉に近く、高たんぱく、低脂質で食物繊維も豊富に含まれている。キーマカレーにはスライス肉タイプのゼンミートを入れた。香料は使わずに、北海道産の玉ネギのうま味を引き出した。

キーマカレーのほか、欧風カレー、ボロネーゼソース、ストロガノフの計4種類を用意した。温めるだけで食べられる。価格は税別500~600円。公式オンラインショップや首都圏の飲食店などを中心に取り扱う。

食品製造・販売のシーザサンは、2017年に創業した森永製菓発のスタートアップ。乳製品を使わないチーズ風食品「ソイチーズ」など、多様化する食に対応した商品をそろえている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン