2018年11月20日(火)

日欧、対保護主義で連携 EPA、来年2月発効めざす

経済
2018/11/6 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は6日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の承認案と関連法案を閣議決定し、国会に提出した。政府は今国会での早期成立を実現し、2019年2月1日の発効をめざす。米トランプ政権が保護主義的な動きを強める中、日欧で自由貿易圏拡大の旗振り役を果たしてけん制する狙いがある。

世耕弘成経済産業相は6日の記者会見で「日欧EPAは成長戦略の柱だ。今国会で承認されるよう関係官庁として尽力したい」と強調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報