JR東日本、計画運休公表は前日に SNSの活用も

2018/11/6 15:50
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は6日、台風などの際に予告して運行を取りやめる「計画運休」を、実施前日に公表することを明らかにした。計画運休の可能性がある場合でも、同様に公表する。深沢祐二社長は同日の記者会見で「前日に公表するよう努め、状況に応じて判断していきたい」と話した。

計画運休を知らせる案内板

JR東は9月30日、台風24号の接近に伴い、初めて首都圏全在来線の計画運休を行った。影響は約45万4千人に及び、翌朝も点検活動や倒木の処理のためダイヤが乱れ、通勤者や通学者が駅に列をなすなど一部で混乱が生じた。

計画運休については「安全確保のためには仕方がない」など利用者の反応はおおむね肯定的だったが、計画運休の公表から実施まで8時間しかなかったことについては、発表の遅さを指摘する声がJR東に寄せられていた。

JR東は10月以降、情報提供のタイミングや方法について検討。今後の計画運休は、実施の可能性も含めて前日に公表する方針を決めた。

情報提供には、これまでのような各駅やホームページでの告知のほか、交流サイト(SNS)も活用する。訪日外国人も情報を理解できるよう、英語や中国語などでも情報を流す準備も進める。

JR西日本は計画運休を実施する場合は前日に告知しているが、深沢社長は「(前日までにとは)明確に取り決めない」とし、災害状況などをみたうえで柔軟に対応するという。

10月、国土交通省と鉄道22社で行われた検証会議では、できるだけ早く広く計画運休の情報を伝達することを確認。訪日外国人も情報を理解できるよう多言語での発信やSNS活用の必要性が指摘されていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]