/

日立システムズなど、J-SOX対応の経理用RPAサービス

日経クロステック

日立システムズとグローウィン・パートナーズは2018年11月5日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用して経理業務を自動化するサービス「経理自動運用シナリオ」の提供を開始したと発表した。NTTアドバンステクノロジのRPAツール「WinActor」で作成したソフトウエアロボット(ロボット)と、データの登録や管理、整合性チェックなどに利用するExcelシートを提供する。

両社によると、経理業務は自動化のニーズは高いものの、RPAの活用は進んでいないという。ロボットの仕様に問題があると、会計監査で指摘を受けてしまう可能性があるからだ。特に売上高の計上のように財務報告に関わる業務では、J-SOX(内部統制報告制度)を順守する必要がある。

新サービスは法令順守と自動化を両立させるのが特徴だ。グローウィン・パートナーズに所属する公認会計士が、不正やミスを防ぐ仕組みになるように自動化の業務フローを作成した。例えば売り上げデータの登録では、販売管理システムなどの売り上げデータを加工した段階で、いったんロボットを停止させる。データを人が確認した後、ロボットを再び起動して会計システムへの登録を自動実施する。

対象はスーパーストリームの会計パッケージ「SuperStream-NX 統合会計」のユーザー。会計システムへの売り上げデータ登録、会計システムからのデータダウンロード、分析資料作成など6つの業務について、作成済みのロボットとExcelシートを提供する。自動化する業務が3つの場合の料金は年額60万円(税別)。RPAツールの利用料や初期導入費、シナリオのカスタマイズ費は別途必要になる。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 白井良)

[日経 xTECH 2018年11月5日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン