ソフトバンクファンド、動画アプリTikTokに出資

2018/11/6 12:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループによる運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する中国のバイトダンスに出資したことが分かった。ティックトックは2017年に日本に参入し、若年層に人気だ。曲に合わせたダンスなどコミカルなショート動画を投稿できる仕組みで、世界に5億人の利用者がいるとされる。

バイトダンスは企業価値が750億ドル(8兆4千億円)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]