/

かこさとしさん最後の絵本、8日に 子どもへ思い込め

「だるまちゃん」シリーズなどで知られた絵本作家で、5月に92歳で死去した加古里子さんが最後に手掛けた絵本「みずとは なんじゃ?」(小峰書店)が8日に発売される。科学の面白さを子どもに伝える、科学絵本の先駆者だった加古さんの思いがこもる一冊だ。

作品は、水の性質や役割が子どもにも理解できるよう、身近な物や現象を例に挙げてやさしく紹介。水の優れた性質を知り、地球上の生物に大切な存在の水を汚さずに守ろうと呼び掛けている。

晩年の加古さんは視力の問題で描くのが難しくなり、この作品は文章を自ら完成させたが、絵は絵本作家の鈴木まもるさんに依頼。加古さんが描いた下絵や生前の打ち合わせをもとに鈴木さんが完成させた。加古さんは死の直前まで、ベッドで原稿とラフスケッチをチェックしていたという。

絵本には加古さん自身や過去の加古作品のキャラクターも登場する。担当編集者は「加古先生がつらい体にむちを打ちながら、子どもたちに伝えたい一心で作った絵本です。ずっしりと重みを感じます」と話す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン