/

この記事は会員限定です

液体分析の受託拡大 装置外販へ 岡山のフェムトディプロイメンツ

[有料会員限定]

理化学系スタートアップのフェムトディプロイメンツ(岡山市)は光と電波の中間の電磁波「テラヘルツ波」を活用した液体の成分分析の受託を2倍以上に増やす。担当要員の倍増などを通じて新市場の開拓を進めるほか、2018年度中には専用装置の外販も始める。他の方法に比べて素早くできる点を訴求し、装置は21年3月期までに50億円の売上高をめざす。

同社の分析手法では、特殊なノズルから液体を噴射して厚さ20マイクロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン