2018年11月14日(水)

大豆価格が上昇 米中両国の緊張緩和観測で

サービス・食品
2018/11/5 19:08
保存
共有
印刷
その他

米国産大豆の需要増期待が出てきた(米国の大豆畑)=AP

米国産大豆の需要増期待が出てきた(米国の大豆畑)=AP

大豆の国際価格が上昇した。指標となる米シカゴ先物(期近)は日本時間5日夕に1ブッシェル8.7ドル前後。10月末に比べ約4%高い。米国産大豆の対中輸出減少を招いた貿易摩擦が和らぐとの観測が買い材料になっている。

トランプ米大統領が先週、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と電話協議したと伝わった。米高官らが早期の貿易交渉合意に否定的な見方を示したものの、両国の関係改善が米国産大豆の需要回復につながるとの思惑が広がり3週間ぶりの高値圏にある。

市場では「緊張緩和への期待が続けば一時的に1ブッシェル9ドルを超える可能性もある」(丸紅食料グループ穀物本部の宮内和広副本部長)との声も出ている。

豊作が確実視されているものの、一部産地の天候不順で1エーカーあたり収量が見通しを下回るとの見方がある。当面は底堅く推移する公算が大きい。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報