2019年9月19日(木)

ダライ・ラマ、後継者「成人から選定」 高僧会議で協議

2018/11/5 18:55
保存
共有
印刷
その他

【ダラムサラ(インド北部)=黒沼勇史】チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(83)は5日、ダラムサラで日本経済新聞などのインタビューに応じ、後継者選定は「高僧会議で協議する」と述べた。また後継者は「高僧や学者」か「適切な資質のある20歳くらいの人物が望ましい」と話し、幼児の中から生まれ変わりを探す伝統的な輪廻(りんね)転生制度の廃止に言及した。

ダライ・ラマは中国人民解放軍がチベットに進駐し、人々が蜂起した1959年にインドに亡命し、現在はダラムサラを拠点に活動している。74年以降はチベットの独立でなく「高度な自治」を中国政府に要求。これに対し、中国はなおダライ・ラマを独立を目指す「分裂主義者」として敵視している。

冒頭でダライ・ラマは「(チベット仏教を率いる)組織としてのダライ・ラマを今後も残すかどうかはチベット人が決めること」と述べ、「人々」を代表して高僧が後継者選定を協議していると明らかにした。高僧会議は「11月29日~12月1日にも開かれる」とした。

後継者問題を巡っては、中国政府も神経をとがらせる。少なくとも13万人のチベット人が亡命しインドには現在8万5千人が住むが、合計600万人いるとされるチベット人の大半がダライ・ラマを精神的な支柱としつつ、中国西部チベット自治区に残る。後継者が中国に従順な人物なら同自治区を統治しやすくなるだけに、中国政府が独自の後継者を決める可能性も取り沙汰される。

ダライ・ラマは「チベット人は貧しい。中国の一部であることは(中国とチベットの)双方に利益がある」と述べたが、中国に「チベットの言語と文化、(同自治区の)環境保全」を引き続き求める考えを示した。

中国政府との対話が2010年を最後に途絶えている点については「(チベットの)独立を求めているわけではないので(再開の)必要性はそれほど高くない」と指摘。それでも再開は「可能だ」と述べ、中国との対話は否定しなかった。

ダライ・ラマは仏教徒が多数派のミャンマーでイスラム教徒を主体とする少数民族のロヒンギャが迫害されている問題や、イスラム教スンニ派のサウジアラビアとイエメンのシーア派武装勢力の戦争にも言及。「宗教の名の下に多くの殺りくが起き、特に子供が犠牲になっている。全く受け入れられない」と述べた。

ダライ・ラマと同じノーベル平和賞受賞者でミャンマー政府の事実上のトップであるアウン・サン・スー・チー国家顧問にも過去1年間で面会や書簡を通じ、ロヒンギャ問題の解決を促したと明かした。ただ「(スー・チー氏から)軍部も絡んで対応に苦慮していると聞き、それ以後は助言できずにいる」と述べた。

ダライ・ラマが末期がんを患っているとの情報は「2016年に放射線治療をして以降は完全に治癒した」と否定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。