2018年11月13日(火)

金融緩和、物価偏重は危うい 白川前日銀総裁

経済
2018/11/8 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が「2%の物価安定目標」を導入してからまもなく6年がたつ。デフレ脱却のため政府と一体となり、強力な金融緩和を続ける。だが金融緩和は長引き、日銀内でも副作用を懸念する声が増え始めた。中央銀行の役割とはなにか。白川方明・日銀前総裁に聞いた。

――総裁退任後、公での発言を控えてきたが、10月に中銀のあり方を問う著書を出版した。

「中銀のあり方が世界で議論されている。総裁時代の5年間(2008~13年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報