「東芝メモリと信頼深める」 韓国SK、経営関与せず

2018/11/5 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】韓国SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は、日本経済新聞の取材に対し半導体大手のSKハイニックスと提携する同業の東芝メモリについて「今は信頼関係をより深める時だ」と述べた。現時点では同社の経営に関与する意思がないことを明らかにした。

SKハイニックスは米投資会社を通じ、東芝メモリに約3950億円を拠出。15%を超えない範囲で東芝メモリの議決権を取得する権利をもつ。崔会長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]