/

この記事は会員限定です

Zaif流出 送金サーバーのIPアドレス特定

[有料会員限定]

仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」から約70億円相当の仮想通貨が流出した事件で、コインの送金に使われた情報機器のサーバーのIPアドレス(ネット上の住所)が5日までに特定された。民間のIT専門家への取材で分かった。いずれも欧州のサーバー貸出業者のもので、擬装や匿名化もされておらず、犯人特定につながる可能性が高いという。

情報セキュリティー会社エルプラス(東京)の杉浦隆幸社長、IT企業のジャパン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン