/

この記事は会員限定です

株340円超安、試練の「人気集中株」 金利高の警戒続く

証券部 菊地毅

[有料会員限定]

5日の日経平均株価は前週末比344円安と反落した。前週末にいったん薄らいだ米中貿易戦争への警戒が再び高まった。一方、個別株をみると米長期金利の上昇を懸念した銘柄選択の動きが鮮明だ。成長期待が高く、値動きも軽いということで投資家の人気を集めてきた「モメンタム株」の割高感が嫌気され、資金の逆回転が続いている。新たなけん引役が定まらないなかでは、相場の本格反転は難しそうだ。

「今日は想定したよりもきつい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン