/

この記事は会員限定です

伊政府、アリタリアへの再出資を模索 EUの反発も

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリア政府が経営破綻したアリタリア航空への再出資を探っている。国営企業が株式を取得し、民間企業の出資と合わせて再建する案が浮上している。ただ、特定企業に対する国の過度な支援は欧州連合(EU)や世論の反発を招く可能性が高く、伊フラッグキャリアの再建の道筋は見通せない。

伊政府とアリタリアは10月末、再建に向けた提案の受け付けを締め切った。以前から関心を示していた格安航空会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン