/

この記事は会員限定です

車や電機 変わる構図 トヨタ、新サービス創出目指す

生産性考 その先に何が

[有料会員限定]

デジタル革命の波にどう向き合うか。銀行と並ぶ目下の焦点は、自動車産業だ。

「車をつくる会社からモビリティーサービスの会社になる」。こう語るトヨタ自動車の豊田章男社長が矢継ぎ早に動いている。

1日、トヨタは車を定額で貸し出すサービスへの参入を発表した。ソフトバンクとは2018年度中に過疎地などで、配車事業を始める。自動運転車を使った移動型の無人コンビニなど新しいサービスの創出も目指す。

世界の自動車メーカーは走る、曲がる、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン