福岡市長選告示 現職と新人が届け出

2018/11/4 18:13
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う福岡市長選が4日告示され、新人の神谷貴行氏(48)=共産推薦=と、3選を目指す現職の高島宗一郎氏(44)の無所属2氏が立候補を届け出た。18日に投開票される。

高島氏による2期8年の市政運営への評価が争点となりそうだ。高島氏への対立候補を模索した他の野党系会派が擁立を断念するなどしたため、2氏による一騎打ちとなった。

高島氏は、繁華街の天神や博多港周辺の再開発を加速し、JR博多駅や博多港を結ぶロープウエー導入を掲げる。国家戦略特区制度を活用した創業支援など、実績をアピールする。

神谷氏は、低所得世帯が増加しているとして高島氏の市政を批判。家賃補助や市営住宅の増設、最低賃金の引き上げなどを主張し、大型開発や特区を見直すよう訴える。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]