2018年11月14日(水)

村上春樹さん、37年ぶり記者会見 資料を早大に寄贈

社会
2018/11/4 17:57 (2018/11/4 20:13更新)
保存
共有
印刷
その他

作家の村上春樹さん(69)が4日、母校の早稲田大(東京・新宿)が開いた記者会見に出席し、原稿や自身の蔵書、世界各国で翻訳された著作や2万点近いレコードコレクションなどの資料を大学に寄贈すると発表した。村上さんによると、国内で記者会見するのは37年ぶり。大学は資料を活用し、国際的な研究センター「村上ライブラリー(仮称)」の設置を検討している。

村上春樹さんの会見詳報

早大に寄贈する書籍にサインし、写真に納まる作家の村上春樹さん(4日午後、東京都新宿区)=共同

早大に寄贈する書籍にサインし、写真に納まる作家の村上春樹さん(4日午後、東京都新宿区)=共同

村上さんは「僕の作品を研究したい人の役に立つなら、それに勝る喜びはない。文化交流の一つのきっかけになればと思う」とした上で、研究者向けの「スカラシップ(奨学金制度)も立ち上げることができたら言うことはない」と述べた。寄贈の理由は「子供がいないので、僕がいなくなった後、資料が散逸すると困る」と説明した。

大学ノートに書かれた代表作「ノルウェイの森」の草稿など貴重な資料が含まれる可能性がある。大学は2019年度から資料の受け入れを始め、施設の整備を順次進める。蔵書やレコードが並ぶ書斎のようなスペースも設置する計画という。

鎌田薫総長は「世界中の村上ファン、日本文学、日本文化をより深く学びたいと考える研究者が必ず訪れるような拠点にしたい」と述べた。

最近はラジオ出演など、公の場に登場する機会が増えているものの、メディアの取材に応じることがまれな村上さんは、記者会見に出席した理由を「(資料の寄贈は)僕にとってすごく大事なことだし、きちんと話さなきゃいけないと思った」と説明した。

村上さんは1968年に同大第1文学部(当時)に入学し、75年に卒業。79年に「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受けてデビューした。「ノルウェイの森」「1Q84」などのベストセラーを多数刊行し、50以上の言語に翻訳されるなど国際的な人気を得ている。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報