福岡市長選告示、舌戦スタート 現職市政への評価焦点

2018/11/4 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州最大の都市、福岡市のリーダーを決める市長選が4日告示され、2週間の舌戦がスタートした。新人と現職の2人がいずれも無所属で立候補し一騎打ちの構図に。好調な経済など2期8年の実績を強調する現職に対し、新人候補は市政の転換を訴える。11月18日の投開票に向け、有権者は活発な論戦を期待する。

「福岡はこれからも成長しなければいけない」。現職の高島宗一郎氏(44)は午前9時、福岡市中央区の警固神社境内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]