2019年8月24日(土)

フィギュアの世界

フォローする

フィギュアシーズン本格化 ルール改定の影響は?
プロスケーター・振付師 鈴木明子

2018/11/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートもいよいよ本格的にシーズンが始まった。まだ、チャレンジャー(CH)シリーズとグランプリ(GP)シリーズ3大会が終わったばかりだが、ルールが大きく変わって「男子は慌ただしい」「女子は採点が厳しくなった」という印象だ。

男子はフリーの演技時間が4分30秒から4分に短くなった。だが、減った要素はジャンプ1つだけ。プログラムのバランスをどうとるか、振付師もまだ勘所をつかみ切れていないのだろう。そのうち「慌ただしい」と思うことはなくなると思う。ただ、このルール改定で、ジャンプに助走(の時間)をかける選手は苦労すると思う。平昌五輪6位のビンセント・ゾー(米国)や、滑りが美しく日本でも人気のジェイソン・ブラウン(米国)らがこのタイプかもしれない。

フィンランド大会男子フリーで演技する羽生。新ルールでも変わらず強いだろう=共同

フィンランド大会男子フリーで演技する羽生。新ルールでも変わらず強いだろう=共同

羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)の2人は問題ない。特に羽生は強いだろう。構えずにひょいっとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)くらい跳んでしまう。リンク半分の広さがあれば、3回転ジャンプの要素を2つくらい楽々とこなせる。今季のフリープログラムの3回転ループは短い間隔でポンと跳んでいる。その分、ステップやコレオシークエンスに時間がかけられるということ。今季からコレオシークエンスの基礎点が3点になり、加点も11段階評価になった。素晴らしいスケーティングで「+4」「+5」の加点を得たら、3回転サルコー並みかそれ以上の得点源になる。ここに力を入れる選手は、男女かかわらず増えてくると思う。

採点厳しく、ミスに容赦なし

ミスに容赦ないというか、全体的に採点は厳しくなったと思う。ジャンプの回転不足の取り方に端的に表れている。女子だけでなく、男子もかなり取るようになった。「昨季だったらグレーゾーンで、OKだったのではないか」というジャンプは、ことごとく回転不足になっている気がする。

宇野もルール改定の影響は問題なさそうだ=AP

宇野もルール改定の影響は問題なさそうだ=AP

ジャンプで「+4」「+5」の加点をもらうには「飛距離と高さ」があり「よい姿勢で踏みきって着氷」し、「流れ」があることが前提とルールブックに書いてある。これをクリアできる選手はそう多くない。「難度も大切だが、クリーンなスケートという基本をおろそかにしないでほしい」という、国際スケート連盟(ISU)の技術委員会のメッセージだろう。演技構成点も転倒などの重大な過失が1つでもあると10点満点が出ないし、2つ以上出ると9点、9.5点を出さないと明記している。

羽生のシーズン初戦のオータム・クラシックでは思ったほど「+3」以上の加点がつかず、「+4~5」を出すのはかなり高いハードルなのかと感じたが、フィンランド大会では「+4」「+5」がつく評価だった。

宮原らジャンプの改良に本腰

まだシーズン序盤で審判員も試合ごとに会合を開いて、採点について模索している段階だと思う。ただ、厳格化の方向性は変わらないだろう。ジャンプの質を高めるため、宮原知子(関大)やエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は改良に本腰を入れて取り組んでいる。そして、五輪の翌シーズンは新ルールの追い風を受けて新星が登場する傾向があり、その一人が今季シニアデビューした山下真瑚(中京大中京高)だと思う。

山下はGPデビュー戦のカナダ大会で2位に入った。昔から大崩れしない選手だった=AP

山下はGPデビュー戦のカナダ大会で2位に入った。昔から大崩れしない選手だった=AP

トリプルアクセルを跳ぶ同学年の紀平梨花(関大KFSC)ほど話題になっていないが、山下は昔からミスが少なく、大崩れしない選手。もともとジャンプに高さも幅もあって、癖がない。2位に入ったGPデビュー戦のカナダ大会で、ジャンプだけでなく、スピンやステップでも満遍なく加点をもらっていた。まだジュニア世代の15歳なのに演技構成点でも9点台を出す審判員もいた。1試合だけでなく、ロシア大会(11月16~18日、モスクワ)、全日本選手権(12月20~24日、大阪)とコンスタントにいい演技を続けていれば、面白い存在になりそうだ。

もっともフィギュアスケート界の4年間は変化が激しい。特に女子選手は成長に伴う体形変化もある。選手がどのようにルールに適応して、新しいスケートを見せてくれるのか楽しみにしていきたい。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

フィギュアの世界をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。