/

この記事は会員限定です

米1強、ひずむ市場 大統領選から2年

ドル・株上昇、中国はひとり負け

[有料会員限定]

6日に米中間選挙が迫り、トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選からほぼ2年が経過した。この間、金融市場では米国株高・中国株安、ドル独歩高が進んだ一方、米国の財政悪化、中国との対立激化などへの警戒感も強まる。過去2年で大きく変化した世界の金融市場を検証する。

IT関連銘柄目立つ

世界の主要株価指数では米ダウ工業株30種平均が約38%高と断トツ。上昇が目立つのはIT(情報技術)関連銘柄だ。米アドビシステムズはクラウド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1973文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン