/

この記事は会員限定です

輝くAI時代へ日本は人材育成を ビル・ゲイツ氏に聞く

[有料会員限定]

米マイクロソフト創業者で、現在は財団で慈善事業に取り組むビル・ゲイツ氏が日本経済新聞の取材に応じた。人工知能(AI)をはじめとする技術の進化が加速するなか、「人間の雇用を創出するためロボットへの課税が進む」と予測した。日本が競争力を保つにはソフトやAIに適応した人材育成が重要と指摘した。

技術使いこなす知恵を

ゲイツ氏が興したマイクロソフトはパソコン用基本ソフトで高いシェアを握り、長らくIT(情報技術)業界の盟主だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン