/

この記事は会員限定です

広がる「負動産」 リスク回避の6カ条とは?

[有料会員限定]

人口減少が進む中、不動産価値の格差が広がっている。資産価値を保てない「負動産」が増えているのだ。将来売れない物件をつかめば、子世代にも負担をかける。購入や相続時に「負動産」リスクを回避する方法を探った。

駅距離や都市計画 資産価値を左右

「今建てている家は今後も資産価値が保てるだろうか」。神奈川県鎌倉市で注文住宅を建築中の40代会社員は気をもむ。街の雰囲気を気に入り横浜市からの移住を決めたが、交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン